4つのご就業形態であなたの経営キャリアを活かします

経営者候補としてご登録いただいた方には、いずれ経営者としてご活躍いただく「後継者候補」、後継者の育成と補佐を行う「中継ぎ経営者」、企業の緊急時に経営を代行する「再建執行人」、企業を廃業するための「クローザー」のいずれかの案件をご紹介し、あなたの経営キャリアを活かしていただきます。
経営承継ではそのような後継者候補を募集しております。

ご登録からご契約までの流れ

TYPE01:後継者候補

社員の意識改革、業務フローのIT化による不正の発生し難い仕組みを構築。一事業だけでなく、会社自身の改革に成功。

年齢も60代後半。年々健康的にも不安が出てきており、社内同様、
会社に継ぐべく人材がいなかった。そこで後継者候補を社外から採用することを検討した。

TYPE02:中継ぎ経営者

後継者候補に対して、ファンド対応を完遂できるよう、数値管理と財務管理、事業計画の策定方法を徹底指導。

C氏は現在50代前半で大病を患い、定期的に通院しなくてはならず経営者として続投していくことに不安を感じた。もともと、社長交代を65歳ぐらいと考えており、後継者対策を行っていなかった。

TYPE03:再建執行人

旅行代理店頼りの集客モデルを見直し、社内の接客強化と情報共有を徹底。

九州にある老舗温泉旅館を経営していたG氏。バブル期には平日にも客室が満室になるほど活況あふれた旅館であった。リーマンショック後、売上は徐々に下がり、資金繰りも悪化していった。

TYPE04:クローザー

特殊印刷をしている企業経営者が、廃業を決意。クローザーに従業員と取引先の対応を依頼。

昨今のプリンターの発達。印刷代金の価格破壊。常に技術革新と設備投資の問題を抱えている中、徐々に売り上げが下がっていき、従業員も7名の会社になっていた。

資産承継だけではなく、多様なアプローチで事業の承継のお手伝いをさせて頂きます。
是非、お問い合わせください。

後継者候補エントリーフォームへ
株式会社 経営承継 TEL: 03-6867-1525 平日(土日・祝日除く)10:00〜17:00
平日(土日・祝日除く)10:00〜17:00
-->
後継者候補ご登録